Return to site

単複1回戦 クロアチア ボル

シングルス1回戦

Naiktha BAINS(AUS)[6]

75.36.36

.

.

.

ダブルス1回戦 パートナー Sofia KVATSABAIA(GEO)

VS

Ena BABIC(CRO)

Ani VANGELOVA(BLU)

64.26.10-6

.

.

.

.

.

.

シングルス、3時間マッチを制することはできませんでした。

ファースト54になった時、65になった時に先週そこから攻めきれずまくられたので、同じ失敗をしないよう自分から攻める姿勢を崩さずプレーしました。

6-5のゲームは、デュースが長く続き手に汗握る展開の中、審判のジャッジに相手がキレてしまい叫び出し大荒れになったり、お互いのボールが思いっきりイレギュラーしたり、、

.

.

取りきるのは簡単ではなかったですが、結果的には自分から攻めようと決め、その気持ちを切らさず持っていたことがファーストを取りきれる理由になりました。

セカンドは相手が開き直り、展開を速くし攻めてき出しました。

はじめは相手のミスが多く、こちらの流れで3-2とリードしていましたが、そのゲームのリターンの確率の悪さが流れを完全に止めてしまいました。

ファイナルも同じです。

丁寧にプレーすることと、消極的になることがこの試合では混ざってしまいました。

(写真はすべて渡邉選手が撮ってくださいました。)

.

.

.

.

.

試合を見ててくれた渡邉選手には、タッチもいいし、良いプレーも本当にたくさんあってやっぱりプレースタイルはクレー好きなのわかるよ!と言ってもらえました。

.

.

.

確かに冷静に振り返れば、良いタイミングのドロップショット、ドロップショットで崩した後のパスやロブ、スライス。

スライスサーブで相手を追い出した後のオープンコートへのアタック。

.

.

良い組み立てでプレーしたポイントはたくさんありました。

それなのに自分の頭の中は、失敗した事や取られたポイントの事でいっぱいで、試合後にハッとしました。

.

.

.

.

去年は試合数が減ってしまったので、今年はもっともっと試合数をこなして、試合勘を戻しそしてさらに良くなるように取り組んでいきます。

.

.

.

.

ダブルスは初めてSofiaとのペアリング。

彼女のストロークが伸びのある良い球で、私のボレーも良いタイミングでポーチに出れコントロールも良かったので、良いダブルスでした。

.

なによりとってもリラックスしている選手で、しょうがないしょうがない〜、気にしない気にしない〜、という感じなのでセカンド流れが悪くなった時もその彼女のパーソナルな部分に救われました。

.

.

彼女自身はよく自分にキレていて、大声を出したりラケットを投げたりしているんですが、それでもどこかゆる〜い感じ。

ちょうど良いペアリングな気がします。笑

今日の準々決勝も、2人の良いところを出して協力してプレーします。

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

Nozo

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly