Return to site

韓国合宿と上半期を終えて

(今日はちょっと長くなります。)

.

.

.

.

2週間の韓国遠征を終え、帰国しました。

.

.

.

.

まず初めに、八木コーチと本城トレーナーに帯同してもらうにあたりご理解とご協力下さった、自由が丘インターナショナルテニスカレッジ栗山校長始め、スタッフ関係者様、そしてお客様、本当にありがとうございました。

.

.

.

たくさんの方のご理解があり、私たちチームは大変充実した2週間を過ごすことが出来ました。

.

.

.

.

私が正式にチームの一員になったのは6月。まだ短い期間ですが改めてチームへの全サポートに感謝致します。

.

.

.

.

.

メインは合宿だった今回の遠征。

一言で言うと、キツかったです。

.

.

.

.

.

毎日の早朝ランニング、速攻で食べる朝ごはん、一番乗りで始める朝練、振り回し、個別トレーニング、からの試合、午後練、ジム、、、

2週間で何百キロ走ったんだろうか。

.

.

.

.

.

.

.

始めは、試合に来たのに試合をやる頃には既に疲れていて意味あるのか…と逃げたくなるような言い訳も頭をよぎりましたが、そのたびにこの遠征の目的を整理し、やりきった2週間後には、明らかに変わった自分の体とパフォーマンスの一部に、「やってよかった。」の一言で終わることが出来ました。

.

.

.

.

テニスという個人競技で、選手6人とコーチ、トレーナー、計8人で遠征をまわることはきっと普通ではなく、それぞれが大変なこともたくさんあったと思います。

.

.

.

しかし、私はこの遠征で自分の人間としての未熟さや、自分はなにが好きでなにが嫌いか、何が合うのか合わないのか、合わないものにはどう向き合うのか、いろんな事を知ることが出来ました。

.

.

.

自分を知ることで自分を認め、いいエネルギーでテニスに取り組めることもよくわかりました。

.

.

.

.

チームのみんなには本当に感謝ですし、いつも細かく体を見てくれて、コートの中では励ましてくれる本城トレーナーの存在は本当に心強かったです。

そして、八木コーチの細かくしつこいアドバイスにより(笑)、コート内外どちらも成長できた今回の遠征を、必ず試合の結果にしていきます。

.

.

.

.

.

.

.

.

帰国し2日間のオフで、完全復帰をした3月の甲府国際から、なんだか今やっと、ひと段落したような気持ちでいます。

.

溜まっていた事務仕事を全て終わらせ、この4ヶ月を振り返ると、結果は散々です。

.

.

私今こんなに前向きで大丈夫?って程の戦績。

.

.

.

前向きで、追い込めるのは私のいいところなのだろうけど、決してそれが目的とならないようこのオフで、もう一度整理する必要がありました。

.

.

「いい遠征だった」「いい試合だった」「やりきった。」

いつも前向きな自分がそう言って終わったとしても、結果は?と常に自分に問いかけるもう1人の自分がいるからです。

.

.

出る試合はほぼリタイア、練習もろくにできないという怪我に悩まされた昨年の自分からすれば、信じられないくらいプレーできています。

理由は明確ですし、こうやってポジティブな方向に進んでいる事は確か。

.

.

まあでも、低いレベルの自分と比べてポジティブでは意味がないので、志高く!気持ちを強く!私らしく!下半期も頑張っていこうと思います。

長くなりましたが、読んでくださってありがとうございました。

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

Nozo

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly