Return to site

スポーツフードアドバイザー資格取得!!!

スポーツフードアドバイザー資格を取得しました!!

.

.

半年前から、遠征や練習の合間にコツコツと続けていた資格試験の合格通知が、年が明けてから届きました(^^)

今回私が取得した「スポーツフードアドバイザー資格」とは、日本能力開発推進協会(JADP)が認定する、アスリートの栄養管理に必要な専門知識を持つアドバイザーであることを証明する資格です。

このような資格を取ろうと思った理由は、

今すぐにプロテニスプレイヤーを辞めて他の職に就こうと思ったからではありません🙅‍♀️

.

.

.

.

私がプロになる事だけ考えてテニスをしていた中学1年生のジュニアの頃に、母が行ってくれた栄養管理で一年で身長が12センチ伸び、その年に全国大会初出場。

.

.

ここから全国大会は連続で出場することができ、最高3位に入りました。

.

.

.

.

明らかに身体が変わり、結果にも変化が出たのを私は自ら体験することができたことで、

「食事の大切さ」というのは常に頭にあり、そして自分で料理をする生活になってから、趣味になり、「せっかくなら具体的な知識が欲しい!」と思うようになりました。

.

.

.

遠征に行けば夜空き時間もありますし、もっと時間を有効的に使いたいと思っていた私にはとても充実した勉強期間でした!

.

.

.

.

私は風邪を引くことも少なく、大きな病気や怪我の経験もそんなにありません。

.

.

それも身体づくりが一番大事な幼い頃に、母が栄養管理を徹底してくれたのが本当に大きく影響していると思っています。

.

.

.

.

今回の資格取得にあたり様々な知識を得ることができましたが、その知識を持った上での私の持論は「食べたい時に食べたいものを美味しく頂こう!」という事です。

.

ちょっと聞こえ方が緩いですけど。笑

.

.

.

もちろんオーバーウェイトや、体のキレがでない、など、困っている方は別だと思いますが、基本的には私は、好き嫌いなくモリモリ食べる!というのが一番健康的なんじゃないかと思ってます😊

.

.

.

一度海外の栄養士さんについてもらったことがありますが、全てカロリー計算のみで考えられたメニューで、好きなものは全部制限され、ストレスで普段食べないお菓子を隠れて食べていた時期がありました。

.

.

.

精神的にも健康なのが一番ですし、何かを我慢して偏るよりも、なんでもバランスよくいっぱい食べるのが一番だと思います!

.

.

.

でも美味しくないとモリモリ食べられないですよね。

だから私は大好きな料理の腕も一緒に磨いて行きたいなーと思います(^^)

.

.

.

.

.

.

.

ここからは、私がジュニアの頃に母が取り組んでくれた栄養管理について書くので、興味がある人だけご覧ください🙋‍♀️

.

.

.

.

母が行ってくれたのは、tennis tribeさんの記事でも取り上げていただいておりますが、「1日30品目」、そして毎朝のステーキです。

.

.

昼ごはんは給食で、把握できないということもあり、厳密には朝晩だけで30品目を摂れるようにメニューを考え作ってくれました。

.

.

.

.

.

きっかけは小学6年生で行った韓国遠征。

TTCの遠征で恩師の丸山コーチが連れて行ってくれた初めての海外遠征でしたが、韓国人との体格の差に驚かされ、そしてパワー負けしました。

.

.

.

帰国後それを母に話し、体格が違う理由を丸山コーチに聞くと、やはりそれは栄養(1日30品目は当たり前!)とトレーニングの量。

.

.

そこから母が「じゃあ私にできる事は栄養管理!」と、すぐに始めてくれました。

.

.

.

.

高校に入り、脂肪もつき始める時期からはステーキではなくなりましたが、1日30品目のメニューは変わらず続けてくれました。

.

.

.

そのお陰で風邪も怪我もあまりないのかなと思うので、今後も大事にして行きたいです。

.

.

.

.

.

今回得た知識を活かしていい栄養を摂りパフォーマンスにつなげて行きます!

Nozo

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly